Kdrama Location Maps

韓国ドラマのロケ地の地図を作成しています

メロン栽培2017

少し間が空いてしまいましたが今年はメロン栽培を再開しました。
自作のビニールハウス(2m x 16mで2棟)内にトンネルを自作してそこで育てています。
ビニールを張るのが遅くなったので、暑い天気の続く連休中頃にやっとできたので
二重にした意味がなくなりました。
梅雨寒だったり長雨だったりすると効果を発揮するでしょう。

その状態をイラストにしてみました。
これだと歩く幅がギリギリ確保できるぐらいで、上の空間が意外と広いのですが地這い
栽培なのであまり意味がないかもしれません。



今回、苗はホームセンターや園芸店で購入しました。
メロンは赤肉のレッドムーンというものとデルモンテの赤肉と緑肉の接ぎ木ですが品種は
書かれていません。あえて伏せているのでしょう。
前者は300円で後者は720円ぐらいでした。これだけ高いと栽培の失敗は許されません。




スポンサーサイト

ふどうの蕾?

ぶどうの苗木は2年木などを複数購入し、数年目で大きな鉢に入れた3鉢が候補です。

昨年はピオーネが1房だけなりましたが付け根部分が折れてしまって収穫と
腐るのがほぼ一緒ぐらいで数粒しか食べれませんでした。

今年は3鉢のどれもに蕾のようなものが付いています。
まだぶどうがどういった形態をとるのかよくわかっていないのですが昨年の観察では
写真に写っている1cmぐらいの房が全体的にやや放射状に大きくなっていくようです。
小さい花が咲いて受粉すればさらに増大します。



連休は園芸に励む

連休直前に仕事の依頼があったので連休中も仕事はしているのですがそれは早朝で
暑くなる昼前までの2-3時間は古くなった自作のビニールハウスの改造です。

1週間連続で農作業することは殆どないので昼寝時間を設けたりして体調維持しています。
ホームセンターで売っているビニールは厚みが0.02-0.05mmまでのようで実際に使用すると
薄いです。

農業用ビニールは0.1mm厚が一般的なようです。
これなら温度管理で上げ下げしても意外と丈夫です。
うちのビニールハウスの幅円弧部分の幅は3mのようですが市販で広い幅のものでも2.7m
が最大サイズでした。
仕方ないので古いビニールを残したまま2.7mのものを片側に寄せて使用しました。
ビニールハウスは長さが16mのものが2棟なので2.7mx10m(価格は4,000円ぐらい)を
4枚使用しました。
そのサイズではビニールハウスの横は張れていません。




みかんの収穫

収穫したのは2週間ぐらい前ですが今頃、記事にしています。

昨年は80個ぐらいだった筈ですが今年は300個ぐらい実ってくれました。
そのうち50個は樹の負担にならないように摘果して根元に集めたので来年の肥料に
なるでしょう。
今年が豊作なので来年は裏年となるでしょう。

写真の画像
青いみかんが好きなのでもう半分以上を収穫した状態で黄色になっています。


ユリの開花

他の鉢植えのユリが開花し始めたので玄関先にすべての鉢を移動しました。
一番右が「ソルボンヌ」です。
昨年は茎だけで咲かなかったユリを一年間栽培したら、大きな花が咲いてくれました。
中心のピンクの花は昨年、球根で買ったものを育てたものです。
品名は忘れてしまいましたが「ピンクカサブランカ」に似た色合いです。
赤いユリは随分前に咲いて枯れたのでここにあるのは3種類のピンク系の品種ばかり
です。
白や黄色や赤は山の景色には映えますが家の周りだとピンクの方が絵になるのでは
ないかと思って球根を購入しています。

咲いて半日なのに花が欠けていると思ったら葉だけを食べる青虫がいたので
手で駆除しました。
保護色なのかかなり白い形でした。
花の部分だけを選んで食べるタイプはこれまで遭遇したことがありません。


梅雨時の園芸2

10日ぐらい雨ばかりだったのでメロン13本の内11本は葉の病気の兆候があったので
処分しました。
残り2本は何とか成長していますがまだ1つも着果していない状態です。
着果してもこの天気では55日ぐらいの日数が必要ですがメロン自体があと40-50日
ぐらいしか持たない筈なので理論的には収穫直前に枯れてNGとなるでしょう。
後1週間ぐらい観測してこちらも処分する予定ですがずっと曇りのようです。

これまで茎が1cm以上ないといいメロンにならなかったので8mm程度では作っても
メロンの形だけで甘くはならないでしょう。
晴れた日がないと光合成して成長してくれないのでこれはどうしようもありません。
こういった判断を迫られるのも農業です。

ユリの一つの品種が咲いています。
別の場所で地植えされていたものを鉢上げして1ヶ所に集めています。
赤いユリはもう咲き終えています。
これからソルボンヌなどの濃いピンク色のユリが咲く時期になるとその鉢もここに
集合させる予定です。


梅雨時の園芸

放置したままのイチゴ畑はイノシシと共存したせいもありますが結局収穫時期の2週間で
10粒ぐらいしか食べられませんでした。
手入れしないと葉が陰になり1/10程度の実付きなのでしょう。
現在は葉を切り取り、土を切り返して根を枯らせています。もう一度切り返して
来年のぶどう棚への移行準備中です。
昨年300円で買った巨峰などの成長が早いので4つ移植する予定です。

梅雨時の曇りが多いので記事のどれも写真撮影なしですがご容赦ください。
ユリとメロンの苗は順調で後者は開花のタイミングで写真撮影する予定です。

ホームセンターでハイビスカスの苗800円を見つけたのでそれも試しに1鉢購入して
やや大きな鉢に移植しました。
(この地域では冬を越せないので購入には悩みます。)
まだ蕾ですが3本の寄せ植えのようなので大きく成長するのが楽しみです。
種や挿し木栽培も可能なようですがここでは春も寒いのでてごわそうです。



メロン栽培

久々にメロン栽培を再開しました。
メロン自体は種からではなく苗を遠くのホームセンターで購入して植えつけたものです。
比較的栽培が簡単なマルセイユメロンですが鉢植え栽培なので地植えのスイカの数倍は
難しいのは間違いなしです。



15鉢ぐらい購入したのですが大きくなったのはその内13鉢です。
6つはこの状態で栽培です。
他の6鉢は支柱を指して上に育てる予定です。
残りの一鉢は知り合いに譲りましたがその人がうまく育てられるかは不明です。

久々の土つくりですが何度挑戦しても一発でうまく育つ土は難しいです。
今年は買ってきた赤土に1週間ぐらい水を掛け続けて灰汁を吐き出させて他の腐葉土
などと混ぜ合わせたら調子がいいようです。


イチゴは何も手入れせずに放任なので密集して日が当たらないので甘くなくおまけに
隙間からイノシシが入ったようで全滅です。



ブルーベリーの花が咲いてしまった

暖冬というのはビニールハウス内のレモンの木にとってはありがたいことでまだ何とか
葉が落ちないでいてくれます。
葉が落ちると翌年に葉の再生に力を入れるので花が咲いても途中で実が落ちて
しまっています。



それとは逆にその近くで鉢植えのブルーベリーのうち一鉢だけが花が咲いてしまいま
した。
鉢植えにして育てているのはどれもハイブッシュ系なので5-6月ぐらいに花が咲くもので
今はつぼみのままで葉はどれも落葉するはずです。
まさがこの時期に葉が落ちないで花が咲いてしまうとは驚きです。
樹高を確保するために鉢植えにしていて収穫は期待していないので花が咲いても
いいのですが、これが収穫用だったら、受粉できないし寒いのでダメになってしまう
でしょう。


蜜柑の鉢植え

5-6年ぐらい前に地植えしたものが今年も豊作です。
同時期に別の場所に植えた少しだけ品種の違う蜜柑の木は周りの草に邪魔されて
育っていないので見かねて3年前に鉢植えに切り替えました。
そして今年やっと1個だけ実を付けてくれました。




花は沢山咲いたのですがどんどんと勝手に落ちてすぐに1個だけとなりましたが
それだけが順調に育ってくれました。

樹の高さは1.5mぐらいで鉢は3度大きくして現在は60リットルといううちの近くのホーム
センターで売っている鉢では一番大きなものです。
これ以上大きい鉢があったとしてもと植え替えをするとなるともうひとりでは無理な
サイズです。

金柑も同様に鉢で育てていますがこちらも順調です。
昨年、初めて実を付けたのですがなぜか黄色くならないまま枯れてしまったので
今年はどうなるか心配です。

レモンの樹は3つの内2本は最初すぐに越冬できずに枯れましたが、1鉢だけは
トラブルを抱えながらも2m近くまで育ちました。
こちらも花は咲くのですがまだ実になる途中で全部落ちてしまうことが多くて
収穫できたことがありません。

鉢植えの樹木は反応が遅いので栽培が難しいです。
土作りも情報が少ないし水遣りも微妙なのでイチゴなどとは比べ物にならないぐらい
苦労の連続です。